google85050f5bd1202e8e.html
So-net無料ブログ作成
検索選択

福島原発の汚染前の地下水をバイパスで海へ放出 [ニュース]

スポンサードリンク



福島原発事故以来、福島第一原発 汚染水処理の現状は、事故以来 どうなっているのか?
もうこれ以上放射能汚染水による海洋破壊は許されない。
構内には今年2014年2月末現在1095基のタンクがあって 45万トンのうち42万トンは、汚染水でいっぱいです。
ボルトで組み立てるタイプのタンクからは汚染水漏れが相次いでいる。
タンクの漏えい化が進んで、まさに綱渡り状況みたいです。
さらに、1日400トンの地下水が建屋に流れ込んでいると言われている。
だから、汚染水は日増しに増えているので、タンクをどんどん増やして行かないと汚染水がどんどん漏れて海に流れ込んでいく。
これではタンクも汚染水も増えるばかりで何の解決にもならない。
その為、地下水が1~4号機の建屋に浸み込まないようにして、これ以上放射能汚染水を増やさないようにする必要がある。
地下水が建屋に浸み込む前に組み上げて、海に放水するのです。
汚染される前の地下水を汲み上げ海までのバイパスを作るのです。
ようやく、その汲み上げ作業ができるようになったみたいです。
地下水による汚染水処理に関しては、他の汚染水との混合などが 起きないよう厳しく監視していく必要があるようです。
これで、福島原発事故による海洋地下汚染に関する心配が1つは 何とか一息つけそうです。

スポンサードリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。