google85050f5bd1202e8e.html
So-net無料ブログ作成
検索選択

「4人に1人65歳以上」だったら年金には頼れない! [ニュース]

スポンサードリンク



「4人に1人65歳」だったら年金には頼れない!
「4人に1人が65歳」以上だったら、実際に働く労働人口は、 3人ではなくて2人で1人位の割合で65歳以上を支えなくては ならない。
団塊の世代がますます増えるわけで、高齢者医療費や年金 が膨れ上がる。
働く若い世代の賃金のうちの税金がかなり増える事になる。
とても年金には頼れなくなるでしょう。
 年金の額もますます減るし、年金受給年齢も高くなる。
結局、働けるうちは、70前後位までは働かないと生活出来ない 老人が増えるわけです。
若者の収入の3~5割り前後は税金にもっていかれる時代が きています。
一部の高額所得者で老後の蓄えができる人間じゃないと、 老後をゆっくり暮らすことは難しい。
 また、働く人材の減少で、外国人労働者の数もどんどん 増えていくことでしょう。
現実に老人の介護や工事現場の労働者の数も益々増えている。
 かたや40~60歳前後の就職が減ってるのに、若い外国人 労働者に押されて失業率も下がらない。
 結局は倒れるまで病気をしないで、若者世代に頼らないで 生きる事を考えていかなければならないようです。

スポンサードリンク





共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。