google85050f5bd1202e8e.html
So-net無料ブログ作成
検索選択

体操日本 八百長審判で勝てず!?完璧な演技なのに!理由は? [スポーツ]

スポンサードリンク



10月7日中国の南寧市の世界体操2014男子団体において、 体操日本は中国にわずかの差で勝てず。

その理由は、公正な観客なら判るでしょう・・・あきらかに。


普通体操、サッカーいろんな種目のスポーツにおいて、アウェーでは かなり不利だと言われます。

それは相手国で試合をする場合、当然相手国の熱い応援が相手チームに 味方してくれます。
逆にアウェーのチーム(選手)にとって応援がすごいプレッシャーにも なります。
バレーなどを見てると日本である時は、外国のチームにとっては、かなり のプレッシャーになるでしょう。

それは、アウェーが有利か不利かの問題です。

ボクシングなどでは、相手国で試合した場合レフリーの点のつけ方が、 あきらかに相手国の選手に有利な点数だと思います。

今度の10月7日、中国の南寧市の世界体操2014男子団体では、中国の 観客でさえおかしいと思ったでしょう。

元スポーツマンであったはずの中国、韓国の審判員が、スポーツマン シップを忘れて・・・もはやスポーツとは言えないでしょう。

床運動から5種目目の平行棒までず~っとトップできて、最後の鉄棒 でも加藤凌平、田中佑典、内村航平といかんなく実力を発揮して最後の 中国チームの演技を待った。

結局、中国の最後の張 成龍が内村選手よりも0.566点も高い点数 をマークされ、トータルで0.1点の差で2位となった。

会場も何か不穏な空気が流れ、中国以外のメディア関係者も張 成龍 選手の点の高さに首を傾げた位です。

体操 日本選手たちは不平も言わず、出せる力を精一杯出したし、心の中 では1位(団体総合金メダル)と思っている事でしょう。

できれば審判に左右されない位の技に仕上げてほしい。

スポンサードリンク




nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。