google85050f5bd1202e8e.html
So-net無料ブログ作成

「マッサン」ヒロインの日本語会話は地獄の特訓!性格は? [芸能]

スポンサードリンク



NHK朝ドラ「マッサン」が何と平均視聴率20%の人気。

その裏にはヒロインのエリー役シャーロット・ケイト・フォックス(29)の日本語の地獄の特訓!?

ホームシックで帰ったヒロインがどんな性格

シャーロット・ケイト・フォックスは、可愛いおちゃめな 雰囲気をかもし出す女優さんです。

言葉も文化も知らない彼女が、慣れない仕事のストレスに ホームシックになるのも無理はないのですが。

仕事が始まって1か月が過ぎた頃アメリカに残している 夫に会いに帰ったり、実家にも帰っていたのです。
もちろん担当者の許可を得ての緊急帰国ですが、初めて それを知った時は、根性のないお嬢さんなのかもと 思った事もありました。

ところが、ほとんどわからない日本語の台本を本番までに 全部覚えてくるという努力家なのです。
そして今では、土日を除いて州40時間もの日本語会話の 特訓を受けて何とかエリーの役をやりこなそうと頑張って いるのです。

難しい日本語の上に関西弁という間のとり方が難しい会話 を、たどたどしくも話して人気を盛り上げているのです。

やはり根性はかなりあるようです。

まだまだ、セリフ以外の日本語は解りずらいでしょうが、 異国の地で1人で地獄の特訓を受けながらも、可愛らしく 演じていることを頭に入れて「マッサン」のドラマを 見てもらうと、より感動が伝わるでしょう。

皆んなで応援しましょう。

スポンサードリンク




nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。